煙草を吸わない人が電子タバコを買ってみて感じたメリットとデメリット

レビュー
スポンサーリンク

電子タバコをこれまでに2つほど購入しました。

電子タバコを買いたかった理由は気軽に楽しめる嗜好品が欲しかったからですね。

また、酒やタバコといった体に害のあるものでないものを選ぼうと探していたら電子タバコに辿りついた感じです。

僕がこれまでに電子タバコを購入し何を感じたか、電子タバコのメリット、デメリット踏まえお伝えしようと思います。

前提

筆者は普段から電子でないタバコは吸ったことがなく、電子タバコがタバコと名のつくものでは初となります。

また、僕が購入した電子タバコはどれももニコチン、タールを含まないリキッドを楽しむものとして購入しております。

これまでに購入した電子タバコ


【 最新 VAPE 】電子タバコ スターターキットAOKEY TORPEDO ベイプ/VAPE/大容量/爆煙/禁煙サポート 専用ケース付き【ニコチン無し】 日本語取扱説明書付 永久保証付き AIOより性能が上 ビギナー向け


Eonfine 電子タバコ パワー調節機能付き スターターキット 2600mAhバッテリー LEDスクリーン

電子タバコの使用感

まず手軽だな、というのが主な感想でした。

リキッドを所定の場所に注入し、電源を入れ、加熱用ボタンを押しながら吸引口で吸い込むだけ。

これでしっかりと煙を吸うことが出来ます。

また、購入した2つはどちらも煙量が多く、吸っている感じがあってこれがタバコの感じなんだ(違うと思うけど)と感動を覚えました。

ちなみにリキッドは↓のものを購入して色々試してみました。

僕は中でもメンソールが気に入りました。甘い系のものは匂いを嗅ぐ分には良さそうに思うのですが、実際に煙にして吸ってみると変な味となってしまいまずかったです。


電子タバコ リキッド セット品【食品衛生法認証済】【Liquid 5ml×12本セット】+【Liquid 注入用ニードルボトル5ml×2本】 天然食品成分 ビタミン配合 コラーゲン配合 純度99% 0mg ノンニコチン・ノンタール・ノン有害物質 TUV認証済 HANGBOO

電子タバコのメリット、デメリット

電子タバコを買ってみてわかったメリット、デメリットを共有致します。

メリット

  • 間食が減る。
    • 深く吸い込もうと息を吸ったりして深呼吸に近い動きをするためか気分が落ち着き、食欲を抑えることが出来ました。
  • 鼻の通りが良くなった。
    • これは完全にリキッドの種類によるものです。メンソール系のリキッドを入れて吸って鼻から出したりするとメンソールがちょうど良く聞いてくれて鼻の通りが良くなりました。これにより息がしやすくなりストレスが減ったのはとても良かったですね。

デメリット

  • 持ち運ぶのが割と面倒くさい。
    • これは口をつける部分があるだけでに持ち運ぶ時は専用のケースなりを持っていかないといけなく、液漏れも考慮するとまあまあ手間がかかります。
  • やはり液漏れは起きてしまう。
    • いかに固く締めたとしても時が経つにつれ緩んできたりします。そうなるとやはり少し漏れたりしちゃいますね。。
  • 外では気軽に吸えない。
    • 路上喫煙禁止のエリアは多いかと思います。いかに電子タバコでリキッドにニコチン、タールが含まれていないとはいえ、他者からみるとそんなものは関係なくタバコだと認識されてしまいます。これはカフェ等の場所でも同じで吸う場所がタバコと変わらなくなってしまいます。

最後に

以上が電子タバコを買って実際に使用してみてわかったことです。

購入前に少しでもどんなものかイメージを持っていただけたなら嬉しいです。

タバコ吸ったことがない人でもメリットはあるんだなと振り返ってみて思ったので興味がある方はぜひ試してみてください。個人的にはメンソールリキッドが断然おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました