脳の働きを良くしたい時におすすめの食べ物をお伝えします!

ビジネス
スポンサーリンク

どうも、Monagaです。

記事の対象者は以下のような方を想定しています。

常日頃から周囲と比べ、脳の回転が悪いように感じる。
食べ物で脳の回転を高められないか模索している。
ここ最近、以前と比べ思考力が落ちていると感じる。

記事の内容

  • 頭の回転が良くなる食材とは
  • 食材だけではない、食べ方も工夫しよう
  • 腸は脳の働きと関係している

頭の回転が良くなる食材

脳の回転を良くする食材は、DHAを含んだ食材となります。

主に青魚となりますね。

どういった魚が対象になるかはMARUHA-NICHIROさんが公開されている↓の画像をご覧頂ければと思います。

引用元: https://www.maruha-nichiro.co.jp/dha/dha40000.html

普段から馴染みのあるサンマ、イワシ、アジなど多くの魚がDHAを含んでいることがわかりますね。

なぜDHAが脳の回転を良くするの?

僕は医学部出身でないので、学術的に説明出来ないのですが、参考になるサイトを見つけたので情報を引用させて頂きます。

主に以下5つの働きがあるようですね。

1. 脳神経の再生
2. 神経の保護
3. 情報伝達の潤滑油
4. 脳細胞の活性化
5. 神経の保護

引用元: http://www.nissui.co.jp/epalife/memory/index.html

見た限りでも脳に良さそうですね。他にもDHAは血液をサラサラにする効果があります。

血液がサラサラになり脳に血液がしっかりと巡ることで脳が活性化するので、血液サラサラかつ脳機能改善が出来る訳ですね。

毎日取ることがベスト。でも毎日は難しい、そんな時におすすめのもの。

このように、青魚を取ることで脳の回転を良くすることがわかりました。

何事も継続が力です。毎日取ることで前述の効果を得られるのではないでしょうか?

しかし、継続こそが難しい

例のごとく、青魚のため調理など手間が多く、中々毎日の食卓に出すのは難しいです。

ましてや一人暮らしなどさらに難易度が増します。

一人で食べるためにわざわざ魚を調理するのは手間ですよね。

こういった時に有効なのがサプリメントで摂取するということです。実は僕も↓のサプリメントで摂取しています。


ディアナチュラ DHA with イチョウ葉 240粒 (60日分)

食べ方を工夫し、脳の回転を高めよう

食材だけでなく、食べ方も重要です。

具体的には、良く噛んで腹八分目で食事を終えるということです。

これは胃腸の負担を軽減することが目的です。

なぜ胃腸の負担を軽減するのかですが、食事をし胃腸が働いている時、血が胃腸に集中します。

そうすると脳に行くべき血が十分に回らず酸素不足となってしまいます。こうなると、脳はしっかりと働けなくなってしまいます。

これを軽減するため、良く噛み、胃の負担を和らげる。腹八分目にして過度に胃腸が働くのを抑えるということをします。

これにより、食事のせいで脳の回転が落ちることを防げます。

余談

食材もそうですが、完食も脳に良い食べ物を食べるともっと良いでしょう。

脳に良い完食ですが、それはつまりラムネです。

なぜラムネがいいかと言いますと、ラムネは原料の9割がブドウ糖だからです。

脳が働く時エネルギーを使います。そのエネルギーの素となるのがブドウ等なのです。

良く頭を酷使する作業を行う際など、甘いものが欲しくなりますよね。あれは脳が糖分不足となりブドウ糖を欲している状況なのです。

そこで原料がほぼブドウ糖のラムネというのは完食にぴったりなのです。またコンビニでも大体売っていて安く買えるのもポイントですね。

まとめ

最後に、まとめますと以下の通りとなります。

  • 脳の働きを良くするDHA/EPAを含んだ青魚を日常的に食べよう。
  • 青魚を毎日食べるのが難しい場合はサプリメントを検討しよう。
  • 食事は良く噛み、腹八分目に抑えよう。
  • 完食にはラムネがおすすめです。

食生活を変え、脳の働きが良くのであればこんなに楽なものはないですね。

脳の働きが良くなれば自ずと能力は上がっていきますので、これに伴い給料の上昇や人脈の広がりなど人生向上すること間違いなしだと思いますので、ぜひ実践してみてはいかがでしょう。

タイトルとURLをコピーしました