一部顔出しYouTuberになりたい方必見!顔を隠す8つの方法をご紹介

レビュー
スポンサーリンク

YouTuber人気ですよね。

小学生がなりたい職業2018年版では6位にYouTuberがあるように、今では憧れの職業となっています。

図参考: https://resemom.jp/article/2019/04/22/50238.html

そんなYouTuberですが、

芸能人同様私生活が監視されたり、ちょっとした発言が炎上のきっかけとなり家族や友人に迷惑をかけたり、犯罪に巻き込まれる可能性が一般人と比べ大きくなります。

有名税とでも言うのでしょうか。

こういったことをなるべく避けつつ有名になりたい時に一つの手としてあるのが一部顔を隠すということですかね。

有名なYouTuberではラファエルやろあさんなどですね。

ただ、

同じような仮面やマスクをしたところで独自性を出せず、よっぽどの才能がない限り埋まってしまうでしょう。

そこで、

色々な顔を隠す方法をご紹介し、自分に合う顔の隠し方を模索出来るよう顔を隠す方法

をお伝えします。

マスク

王道ですね。大体の人は真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?

薬局等で気軽に買え、精神的にもハードルは低いですよね。

今ではマスクでも色付きや模様付きなど、個性を出しやすいものが出ていたりするため、ここで一つ個性を出すのも良いかもしれません。

動画の撮り方を工夫する

顔を物体で隠すのではなく、そもそも映さないという手法もありかもしれません。

例えばですが、カメラの角度を調整し、鼻から下は映るようにしたり、逆に目元だけといことも可能だと思います。

また、そもそも自身を映さず風景などを映して声だけ入れるというのもありかもしれません。

ほとんどの方が顔出しをしている中、逆に新鮮でウケるかもしれませんよ。

仮面

ラファエルさんのように仮面を使うというのも良いですよね。

仮面も種類が多く、個性を出しやすいですし、値段もお手頃です。

また、

仮面を被ることでセルフイメージを変えることができて普段の自分とは違うYouTuberとして生きられるかもしれません。

面白そうですね。

Vtuberになる

Vtuberも流行っていますよね。

今では無料でVtuberになれるパペ文字FaceRigなどの安く高品質なツールが揃っていてVtuberへの敷居がとても低くなっています。

自分の好きなアバターでYouTuber出来るのは自分を表現するにはうってつけではないでしょうか?

バンダナで顔を覆う

よく映画やドラマなどでヤンキーがバンダナで口元を隠すようにするのも良いかもしれません。

バンダナも柄など拘ればおしゃれで個性のあるものを発見することができます。

また、マスクと違って息苦しくならないのもポイントかもしれません。

ヘルメット

バイクなどで使うフルフェイスのヘルメットも良いと思います。

目元以外全て隠せます。

ただ、難点として、息苦しかったり長時間つけるのが難しいですね。

あまりオススメはできないかもしれません。

帽子を深く被る

帽子を深く被ると目元を隠せるので口元だけ映したい方は良いかもしれません。

こちらは敷居も低く、すぐに実行できそうなので良いですね。

変装用メガネを使う

変装用のメガネを使うのも良いかもしれません。

反射するものやサングラスなどだと目が映らないので良いかもしれません。

目が映るタイプを選ぶと、

普段メガネをつけないといっても目が映っているため身バレの危険は高くなります。

身バレしたらしたでいいよという方は試してみても良いかもしれませんね。

最後に

以上、思いついた限りを羅列してみました。

顔を一部隠しつつYouTuberやってみたいという方で、自身で思いついたもの以外で新たな発見はあったでしょうか?

もしあったなら嬉しいですね。

YouTuberは飽和とずっと言われていますが、それでもチャンスはあると思います。

人はみな飽きる生き物ですからね。。

テレビだってお笑い芸人は上から下まで年代は豊富なものです。

チャンスだと思ったら一生懸命努力してみると意外に成功を掴めるかもしれませんね。