Uber Eats配達中にトイレに行きたくなった場合の解決方法【原付】

レビュー
スポンサーリンク

原付でUber Eatsの配達中、トイレに行きたくなったらどこにいけばいいんだろう?

上記の内容にお答えします。

本記事のポイント

  • 配達中に心がけるべきこと
  • 都内で比較的容易にトイレを探せる場所

趣味も兼ねて、1ヶ月、東京で原付を用いてUber Eatsの配達をすることにしました。

Uber Eatsは良いですね。好きな時に働けて、シフト制の仕事より幾分か自由を感じられます。

しかし、自由な分、自身でハンドリングするべきことが多くあります。

今回はトイレに関してお伝えします。

配達中に心がけるべきこと

尿意をコントロールしよう

大前提として、お茶など尿意を催すものは飲まない方が良いです。

Uber Eatsをしているとピークタイム(11:00~14:00, 17:00~20:00)は意外と時間がすくないことに気がつくと思います。

ピークタイムを過ぎると注文が入りにくくなるので逃す訳にはいきません。

こういった時、尿意のために受付を終了し、トイレを探して用を足しているとそれだけ機会損失になります。

また、水は飲んでもいいと思いますが、やはり時間を気にするようにした方がいいと思います。

ピークタイムに水を飲んでおき、そうでない時間にトイレをするといった状態に持っていくと良いでしょう。

都内で比較的容易にトイレを探せる場所

本題です。僕が原付で配達中よくお世話になっていたトイレを探せる場所をお伝えします。

以下となります。

  • ガソリンスタンド
  • スーパーマーケット
  • 集荷先の飲食店
  • 駐車場があるコンビニ
  • デパート
  • 大きめのビル

それぞれ解説します。

ガソリンスタンド

基本ガソリンスタンドはトイレがあります。

ガソリン入れるついでにトイレを借りてしまいましょう。

スーパーマーケット

スーパーマーケットも基本トイレがあります。しかも、新宿区などの栄えてる場所でも同様にあります。

たまに例外でない場所もあるかもしれませんが基本あります。特に違うお店などが混在している場合にはほぼ確実といって良いでしょう。

集荷先

あまりにも緊急であれば、食事の集荷先でもトイレを借りれないか?聞いて見ると良いです。

僕は実際に何回かマクドナルドやファミリーレストランでどうしても我慢出来ず聞いてみたところ快く許可してくれました。

駐車場があるコンビニ

基本都内のコンビニはトイレがあるとは限りません。特に渋谷や新宿などの中心部ではトイレがあることの方が珍しいです。

ただ、原付で配達していると杉並区などにもいくことがあると思います。そのあたりのコンビニは駐車場があるコンビニがあったりします。

こういった場所だと経験則的に基本的にトイレがありました。

トイレに行きたくなって駐車場ありのコンビニを見つけたら入ってみると良いかもしれません。

デパート

基本デパートはトイレがあります。

今までデパートに入ってトイレがなかったことはありません。

ただデパートの場合、原付の駐車などに少し手間取るため注意が必要です。

大きめのビル

新宿など大きめのビルがよくありますよね。

飲食店と企業のオフィスが混在しているものです。

こういったビルは基本グランドフロアなどにトイレがあります。

緊急の場合は使わせて頂くのも良いかもしれません。

おすすめの検索順序

「トイレがしたい」となった場合、状況にもよりますが、基本僕なら紹介した建物のうち以下のような順番で探します。

  1. スーパーマーケット
  2. 大きめのビル
  3. デパート
  4. ガソリンスタンド
  5. 駐車場があるコンビニ
  6. 集荷先の飲食店

参考になればと思います。

最後に

Uber Eatsは稼げますが裁量が多いです。

それは時間スケジュールから自身のボディメンテナンス、事故対応などと範囲は広いです。

こういった事情を踏まえ、どのように立ち振る舞えば良いかしっかりと考え行動すると稼ぎにも生き方にも良い影響が出てくると思います。

読んで頂きありがとうございました。お役に立ちましたらSNSなどでシェアして頂けると有り難いです。