【裏技】Kindle for Macで長文をコピー出来ない問題を解決したので方法を共有します

テクノロジー
スポンサーリンク

Kindle便利ですよね。

電子書籍は本の携帯という画期的な仕組みでよく使わせて頂いております。

本を読んでいると「この内容をメモしておきたい」など、文書をコピーしたい時がありますよね。

しかし、Kindle for Macで長文をコピーしようとすると以下のように「出版社がこのタイトルに設定したコピー制限に達しました。」とコピー制限がかけられてしまい、コピーを行うことが出来ませんでした。

そこで、この問題を回避しコピーを行う方法を共有したいと思います。

前提

Kindle自体の機能は使いません。

また、後述する方法は法的に問題ないか不明のため実際に行う方は自己責任でお願いします。

個人で使用する分には問題ないとは思います。自身で文字をメモするのを簡略化しているだけですので。

方法

コピー出来るようにする方法は簡単で

  1. Kindleでコピーしたい文章部分をスクリーンショットで撮影する。
  2. OCRで文字を抽出する。

という以上の手順となります。

スクリーンショットの方法はご存知だと思いますので説明を省略します。

「2. OCRで文字を抽出する。」ですが、Free Online OCRというサイトを使用して行います。

Free Online OCRにアクセスすると以下のページに遷移します。

画像中の1〜3を解説します。

❶でコピーしたいテキストのスクリーンショットを選択します。

❷でどの言語のものかを選択します。抽出したい言語(JAPANESEなど)を選択しましょう。

❸はOCRで抽出した文字をどういった形式で出力するかの選択となります。Word, Excel, Plain Textの3種類から選べます。

上記選択後、「CONVERT」ボタンを押すことで以下のように内容が出力されます。

あとはテキストエリアから文字をコピーすれば良いだけとなります。

感想

Kindle for Macで文章を読む機会が多いだけにコピーが出来ない問題は地味に大変でした。

今回の方法を用いると、コピーしたい文章はいったんスクリーンショットをとっておき、あとで一気にFree Online OCRで文字を抽出することでコピー作業が楽になります。

上記方法を行い、読書がより豊かな体験となれば良いですね。