【2020年度】カナダワーホリビザの申請は何日かかるのか?期間はどれくらいなのかを実体験ベースでお伝えします。

ワーキングホリデー
スポンサーリンク

2020年度にカナダでワーキングホリデー (通称ワーホリ)をします。

そのため、2019/12/16にワーホリビザの抽選プールへ申請を行いました。

今回は、申請した2019/12/16から実際に渡加可能になるまでどのくらいの期間となったのかを実際に申請した僕の実体験をベースにお伝えします。

2020年度のワーホリビザの申請が対象となります。

渡加可能になるまでどのくらいの期間となる?

結論を先にお伝えします。

渡加可能になるまで実際にかかった期間は、2019/12/16にワーホリビザの抽選プールへ申請をしてから、2020/01/25にステータスが「Your application was approved.」と更新されるまでの

40日となります。

月換算で言うと、1ヶ月と9日ですね。

他のブログを参考に2ヶ月~3ヶ月ほどと想定していたので思ったより短かったなという所感です。

以降で申請段階の各自の期間を詳細にお伝えしていきます。

プール申請

プール申請を2019/12/16にし、IEC Invitation to Apply Letter(ワーキングホリデービザ申請招待レター)が届いたのは2020/01/06。

期間にして21日となりました。

プール申請をし許可されるまでが一番長かったです。

プール申請をしてから全く音沙汰なくとても不安でした。

ちなみに下画像の通り、プール申請が通ってから10日以内に必要書類を提出しないといけないのであらかじめ必要物を用意しておくことをおすすめします。

僕自身、急にメール届いて焦って準備した記憶がありました。

もしこのときに、遠出の用事などがあり作業出来ない場合、申請を進めることが出来なくなってしまいますので要注意です。

必要書類提出

書類の確認が行われます。

僕自身、IEC Invitation to Apply Letterを受け取った2020/01/06の次の日の2020/01/07に必要書類のアップロードを完了しました。

そして次はバイオメトリックスの登録となるのですが、バイオメトリックスの登録を促すBiometrics Collection Letterのメールが書類をアップロードした2020/01/07の次の日の2020/01/08に届きました。

なんと、必要書類提出後、1日でバイオメトリックスの登録へ進めることが出来ました。

バイオメトリックス登録

バイオメトリックスの登録ですが、2020/01/08にBiometrics Collection Letterを受け取ってから12日後の2020/01/20に東京のカナダビザ申請センター(CVAC)に行き登録してきました。

これは東京か大阪でしか行うことが出来ないため移動に時間を要した為でした。

仕方ないとはいえ、この労力は大分手間に感じますね。

東京でバイオメトリックス を2020/01/20に登録し、以下のようなバイオメトリックスの登録が完了したメールを2日後の2020/01/22に受け取りました。

バイオメトリックス登録完了

バイオメトリックス登録完了後の1日後、2020/01/23にワーキングホリデー の申請アプリケーションが許可された旨のメールが届きました。

また、以上で終わりかと思いきや、2020/01/25にApplication statusが更新された旨のメールを受け取り、管理画面にログインしてみると以下のようにWork permitのアプリケーションステータスがApprovedとなっていることが確認出来ました。

最後に

以上が2019/12/16にワーホリビザの抽選プールへ申請し2020/01/25に許可されるまでの詳細な各期間のご紹介となります。

2020年度のカナダのワーホリビザのプール受付が2019/12/09に開始されてから比較的早めに応募し、今回紹介した期間の手続きとなりました。

これからカナダのワーホリビザの登録申請を行おうと考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

もしお役に立ちましたらSNS等でシェアして頂けると助かります。

タイトルとURLをコピーしました